ホーム > 防災・安全 > 消防 > 知識・予防 > 山火事を防ごう

ここから本文です。

更新日:2019年3月14日

山火事を防ごう

 山火事が発生する原因の多くは,たき火やタバコのポイ捨てなど,人の火の取り扱いや不注意に

よるものです。                  

      takibi        tabako 

兵庫県では

 山火事が毎年春先に多く発生しています。

 春先は降雨量が少なく空気が乾燥し,森林レクリエーションやトレッキングなどによる入山者

が増加することなどによるものと考えられています.

    。kyanputorekingu

 芦屋市消防本部の山火事予防の取り組み

   1.山火事予防運動と広報活動の実施

   毎年,山火事予防ポスターを山林の登山口に掲示しするとともに,山火事予防のティッシュ

  を入山者に配布と呼びかけを行い,山火事予防の注意喚起の活動を実施しています。

 2.林野警戒パトロールの実施(全国林野火災予防週間:3/1~3/7)

   山火事予防と登山ルートの確認を行うため,3月に消防職員でパトロールを実施しました。

貴重な森林を山火事から守るには

 1.枯れ草等のある火災が起こりやすい場所では,たき火や火の使用をしない。

 2.たき火など火の使用中はその場を離れず,使用後は完全に消火する。

 3.強風の時,乾燥しているときは,たき火をしない。

 4.タバコは指定の場所で喫煙し,吸い殻は必ず消し,ポイ捨てはしない。

 5.火気のあるもの(炭や燃えくず)を森林内や森林の近くに放置しない。

 6.火遊びはしない。

全国山火事予防運動

 平成31年全国統一標語

  『 忘れない 豊かな森と 火の怖さ 』

yamakaziposuta heri                                

     一人ひとりが森林の大切さを認識し,防火意識を高めることが最も大切です。

    貴重な森林を山火事から守るため,皆様の御協力をよろしくお願いいたします。

  

お問い合わせ

消防本部警防課警防係

電話番号:0797-32-2345

ファクス番号:0797-32-0119

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る