ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉施設 > 保健福祉センター > 福祉センターエントランス・コンサート

ここから本文です。

更新日:2019年4月5日

福祉センターエントランス・コンサート

グランドピアノ皆さんこんにちは。芦屋市福祉センターです。

芦屋市福祉センターがオープンするにあたり、国際ソロプチミスト芦屋さんから「芦屋市民の集いの場・憩いの場となるように」という願いのこもったグランドピアノを寄贈していただきました。福祉センターがオープンした翌月から毎月「福祉センターエントランス・コンサート」を開催しています。

エントランス・コンサートpart105のご案内

  • 主催:福祉センターエントランス事業実行委員会・芦屋市福祉センター(福祉センター0797-31-0612)
  • 出演:(琴)牛島寿賀子、川上泰代、坪内知子、中村れい子・(尺八)池内烽山・(ピアノ)角村久美子
  • 内容:ピアノと和楽器の出会い~ピアノと琴、尺八の美しい音のコラボレーション~
  • 日時:平成31年4月28日(日曜日)午後2時から
  • 場所:芦屋市呉川町14ー9保健福祉センター1階エントランスホール(無料)
  • 協力:ボランティアグループほっと・ポット、手話歌グループあしや
  • 福祉センターエントランス・コンサートpart105の詳しいご案内(PDF:709KB)(別ウィンドウが開きます)

エントランス・コンサートpart104のご報告

 

皆さんこんにちは

芦屋市福祉センターです。

 

エントランス・コンサートpart104のご報告です。

 

オープニングの様子

 

芦屋市在住のピアニストで

芦屋市民文化賞受賞者の

金澤佳代子さんのご出演と

綾田乃愛さん、寺脇優子さん、日垣舞音さんの

賛助出演による

宝石のように美しいコンサート

「音の宝石箱9」をお楽しみいただきました。

 

はじめに春をテーマにした楽曲を連弾で

春の連弾

 

「すみれ」の独唱

すみれ独唱

 

「からたちの花」の独唱

からたちの花独唱

 

そしてショパンの名曲

「華麗なる大円舞曲」

金澤さんの華麗な独奏で

コンサートも前半の佳境を迎えます。

 

金澤佳代子さん

 

「いのちの歌」の重唱は

「本当に大事なものは隠れて見えない」

「この命にありがとう」と結ぶ

歌詞のすばらしさに加えて

歌声のあまりの美しさに

感動で胸がいっぱいになりました。

 

 

後半は

作曲家たちの究極の思いや

苦悩を昇華させた作品を

「音で語る芸術」と表現する

金澤さんが

「愛の夢」「英雄ポロネーズ」を

心を込めた圧巻の独奏で披露されました。

 

金澤さん独奏

 

2階席から見た演奏の様子

 

フィナーレとして手話歌グループあしやさん

会場のお客様とともに

手話歌の表現も美しい

「瑠璃色の地球」を歌います。

 

瑠璃色の地球を手話歌中

 

宝石箱をあけると次々と聴こえてくるような

珠玉の演奏や歌唱に

会場の皆さんも

楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

コンサートを終えて

 

では次回のエントランスコンサートをお楽しみに

ページの先頭へ戻る

過去のエントランスコンサートのご報告

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部福祉センター 

電話番号:0797-31-0612

ファクス番号:0797-31-0614

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る