ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉施設 > 保健福祉センター > 福祉センターエントランス・コンサート

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

福祉センターエントランス・コンサート

グランドピアノ皆さんこんにちは。芦屋市福祉センターです。

芦屋市福祉センターがオープンするにあたり、国際ソロプチミスト芦屋さんから「芦屋市民の集いの場・憩いの場となるように」という願いのこもったグランドピアノを寄贈していただきました。福祉センターがオープンした翌月から毎月「福祉センターエントランス・コンサート」を開催しています。

エントランス・コンサートpart109のご案内

  • 主催:福祉センターエントランス事業実行委員会・芦屋市福祉センター(0797-31-0612)
  • 出演:井関 花(ピアノ独奏)
  • 内容:午後に聴くクラシック~バロックから近現代まで~
  • 日時:令和元年8月25日(日曜日)午後2時から
  • 場所:芦屋市呉川町14ー9保健福祉センター1階エントランスホール(無料)
  • 協力:ボランティアグループほっと・ポット、手話歌グループあしや

福祉センターエントランス・コンサートpart109の詳しいご案内(PDF:610KB)(別ウィンドウが開きます)

エントランス・コンサートpart108のご報告

 

皆さんこんにちは

芦屋市福祉センターです。

 

福祉センターエントランス・コンサートpart108のご報告です。

 

7月のエントランス・コンサートは

はなみずき芦屋で催された

「第10回あしや保健福祉フェア」の

イベントとして開催しました。

 

今年も精道中学校合唱部

手話歌グループあしや

グロス×ブリランテクーリムの皆さんのご出演で

いつもとは少し趣向の違ったコンサートを

お楽しみいただきました。

 

精道中学校合唱部の皆さんの清らかな歌声の

「ふるさと」で始まり

精道中学校合唱部の皆さん

 

手話歌グループあしやさんに続きます。

東京オリンピックの応援ソング

「パプリカ」を

元気いっぱいの手話歌で歌って

会場を盛り上げます。

 

手話歌グループあしやのステージ

 

生き生きとした手話歌が曲にのって心も弾み

会場の皆さんの手もパプリカの花を咲かせます。

 

お客様も一緒に手話歌しています

 

芦屋市をイメージした曲「この町がすき」では

6月に就任した、いとう市長が飛び入り参加して

会場の皆さんと一緒に手話歌を楽しみました。

 

いとう市長の手話歌「この町が好き」

 

 

最後のステージは

グロス×ブリランテクーリムさんです。

グロス×ブリランテクーリムさん

 

「リズムファンタスティック727」と題して

ディズニー映画の名曲や

美空ひばり特集、ラテンメドレーに

ナポリセレクションと

ピアノとサクソフォンのコラボレーションを

一気に聴かせます。

サクソホンの演奏

 

ピアノ連弾中

 

子どもから高齢者までみんなで楽しめる

「あしや保健福祉フェア」にぴったりな

素敵な夏のコンサートでした。

 

演奏を終えて記念の撮影

 

 

では次回のエントランス・コンサートをお楽しみに

次回は8月25日(日曜日)午後2時からの開催です。

 

 

ページの先頭へ戻る

過去のエントランスコンサートのご報告

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部福祉センター 

電話番号:0797-31-0612

ファクス番号:0797-31-0614

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る