ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉施設 > 保健福祉センター > 福祉センターエントランス・コンサート

ここから本文です。

更新日:2018年2月8日

福祉センターエントランス・コンサート

グランドピアノ皆さんこんにちは。芦屋市福祉センターです。

芦屋市福祉センターがオープンするにあたり、国際ソロプチミスト芦屋さんから「芦屋市民の集いの場・憩いの場となるように」という願いのこもったグランドピアノを寄贈していただきました。福祉センターがオープンした翌月から毎月「福祉センターエントランス・コンサート」を開催しています。

エントランス・コンサートpart91のご案内

  • 主催:福祉センターエントランス事業実行委員会・芦屋市福祉センター(福祉センター0797-31-0612)
  • 出演:楽友倶楽部芦屋
  • 内容:WinterConcert~シニア世代が奏でるラヴァーズコンチェルト~
  • 日時:平成30年2月25日(日曜日)午後2時から
  • 場所:芦屋市呉川町14ー9保健福祉センター1階エントランスホール(無料)
  • 協力:ボランティアグループほっと・ポット、手話歌グループあしや

福祉センターエントランス・コンサートpart91の詳しいご案内(PDF:340KB)(別ウィンドウが開きます)

エントランス・コンサートpart90のご報告

 

 

皆さんこんにちは

芦屋市福祉センターです。

福祉センターエントランス・コンサートpart90のご報告です。

1月のコンサートは冥王星さんの出演で

「新春オペラティックコンサート」

~オペラアリア&ディズニー~です。

 

雪まじりの冷たいお天気にもかかわらず

たくさんのお客様をお迎えして

コンサートは始まりました。

オープニングの5人

冥王星さんは2度目の出演です。

オペラの舞台をイメージさせる美しい衣装での登場です。

個性豊かな5人が独唱する「アリア」が始まりました。

 

「天地創造」より

天使が草木の芽吹く情景を

花のように声を転がして歌います。

 

白いドレスの鈴木さん

 

オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」より

心を試されても「決して変わらぬ愛を誓う」と歌います。

赤紫のドレスの後藤さん

 

オペレッタ「こうもり」より

女優アデーレが「娘・女王・伯爵夫人」を演じ分け

才能をアピールします。

黄色いドレスの福正さん

 

オペラ「ラ・ワリー」より

愛を貫くために家を出る決心をする娘

ワリーが歌います。

蝶のドレスの田原さん

 

オペラ「アドリアーナ・ルクヴェール」より

お芝居のセリフを褒められても

女優アドリアーナは謙虚な心で歌います。

薄紫のドレスの横山さん

それぞれの美しい声が

雪曇りの空を突き抜けて響いていくようでした。

たくさんのオペラの名場面を一度に鑑賞できた

贅沢な時間でした。

 

黒いドレスの藤本さん

後半はピアノソロ演奏や

ディズニーメロディ。

 

そして会場が一体となって盛り上がったのは

「みんなで歌いましょう」です。

歌の準備体操として「こげよマイケル」

日本語とナポリ語で歌う「サンタ・ルチア」で

会場は大合唱となりました。

みんなで歌いましょう「ハレルヤ」

一緒に歌う手話歌は

「年のはじめのためしとて」ではじまる「1月1日」

「いちげついちじつ」と読むのが正しいそうで

「お正月・祝う・楽しい」などの手話を覚えました。

 

冥王星の皆さん

では次回の福祉センターエントランス・コンサートをお楽しみに

 

ページの先頭へ戻る

過去のエントランスコンサートのご報告

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部福祉センター 

電話番号:0797-31-0612

ファクス番号:0797-31-0614

ページの先頭へ戻る