ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 記念シンポジウム「旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)と阪神間モダニズム」

ここから本文です。

更新日:2018年12月26日

記念シンポジウム「旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)と阪神間モダニズム」

【申し込みの受付を終了しました】
国指定重要文化財旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)保存修理工事完成記念シンポジウム
「旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)と阪神間モダニズム」を開催します!

【定員に達しましたので、申し込みの受付を終了しました。】

芦屋市山手町に所在する国指定重要文化財旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)は、フランク・ロイド・ライトが設計した近代建築として世界的に知られています。保存修理工事のため、長らく休館していましたが、平成31年2月16日にリニューアルオープンします。これを機に、旧山邑家住宅の価値や魅力を再発見し、地域のまちづくりに生かす方法を考えるシンポジウムを開催します。

チラシ表(PDF:649KB)(別ウィンドウが開きます)

チラシ裏(PDF:544KB)(別ウィンドウが開きます)

日時:平成31年3月16日(土曜日)午後1時30分~4時30分(午後1時開場)

会場:芦屋市民センタールナ・ホール(兵庫県芦屋市業平町8番24号)

定員:600名(先着)

参加費:無料

申し込み方法:平成31年2月28日(木曜日)までに、下記の方法で申し込み【往復はがきの場合、必着】。

(1)下記申し込みページまたはチラシ・ポスター掲載の二次元コードより申し込み。

申し込みページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

(2)往復はがき(1通につき1人まで)の往信面に、郵便番号・住所・氏名・電話番号を、返信面に、あて名・あて先をご明記の上、まで)ご明記の上、下記申し込み先へ送付。

【申し込み先】

〒659-8501兵庫県芦屋市精道町7番6号 芦屋市教育委員会生涯学習課(記念シンポジウム担当)

内容

(1)記念講演

「旧山邑家住宅と阪神間の近代建築の魅力」

足立裕司氏(神戸大学名誉教授・重要文化財旧山邑家住宅保存修理工事委員会委員長)

(2)基調報告

「阪神間モダニズムと芦屋」

三宅正弘氏(武庫川女子大学准教授)

「大谷石―近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトが愛した日本らしいニッポンの石材」

橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)

「まちの魅力再発見!文化財を活用したまちづくり」

村上佳代氏(文化庁地域文化創生本部事務局文化財調査官)

(3)シンポジウム

コーディネーター:三宅正弘氏
パネリスト:足立裕司氏、橋本優子氏、村上佳代氏、阪本昌英氏(株式会社淀川製鋼所IR室PRグループリーダー)、島津久夫(芦屋市企画部主幹(施設政策担当課長))、竹村忠洋(芦屋市教育委員会学芸員)

 

ヨドコウ迎賓館外観

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育部生涯学習課文化財係

電話番号:0797-38-2115

ファクス番号:0797-38-2072

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る