ホーム > 防災・安全 > 防災 > 支援・ボランティア > 令和元年台風第19号被害に伴う長野県佐久市への職員派遣について

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

令和元年台風第19号被害に伴う長野県佐久市への職員派遣について

職員派遣

 芦屋市では、令和元年台風第19号により被害を受けた長野県佐久市の要請を受けて、下記のとおり本市職員を派遣しています。

  • 派遣先:長野県佐久市 
派遣職員 派遣期間
第1陣 2名 令和元年11月5日(火曜日)~11月10日(日曜日)
第2陣 2名 令和元年11月10日(日曜日)~11月16日(土曜日)

 

  • 業務内容:農林道・水路等の災害調査・測量設計

第1陣 出発

 11月5日(火曜日)に2名の職員が佐久市へ出発しました。佐久市とは、阪神・淡路大震災時に保育士の派遣支援等を受けたご縁があります。出発の際、いとう市長から派遣職員に対する激励ののち、大東保育所の5歳児が被災地を元気づけるために描いた「元気が出る笑顔」の作品を手渡され、佐久市に向けて出発しました。そして佐久市に到着後、佐久市長の元へ作品が届けられました。

1106

  出発

 

  

 

お問い合わせ

都市建設部防災安全課防災対策係

電話番号:0797-38-2093

ファクス番号:0797-38-2157

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る